薄化粧に見せるファンデの使い方

薄化粧に見せるためには、ファンデをとにかく厚く塗らないようにすることが大切です。
ファンデを厚く塗ってしまう方は、まず基本的に重ね塗りを止めましょう。

重ね塗りをすることで、確かに肌の気になる部分が隠れます。
ただし、重ね塗りは顔に別の膜をつけている感覚を与えます。
そのため、重ね塗りをすると厚ぼったい印象を与えるのです。

ファンデを重ね塗りするのではなく、カバー力の強いファンデに変えるかコンシーラーやコントロールカラーで整えるかを選択したほうが効果的です。

普通肌や乾燥肌の方の場合、リキッドファンデがオススメ。
リキッドファンデは、水分と油分が多く含まれているため伸び易い。
また、気になるくすみやシミも重ね塗りすることなくだいたい隠せます。
それでも、色むらが気になる場合は、コントロールカラーやコンシーラーで気になる部分だけ使うようにしてください。

ただし、オイリー肌にリキッドファンデはオススメできません。
その理由は、水分&油分のバランスが崩れ、ニキビや肌荒れなどを引き起こし易いからです。
オイリー肌の方は、パウダーファンデを使うようにしてください。

そうはいっても、パウダーファンデじゃカバー力が足りないと思うかもしれません。
その場合は、化粧下地が大切になってきます。
化粧下地をムラなく塗り、薄くパウダーファンデーションを付けた後、軽く顔を覆うだけで長持ちさせることができます。
コンシーラーも気になる部分だけ塗るようにすればOKです。